『CRAZY MONKEYS』

少年サンデー併設のweb雑誌・クラブサンデーに載せていただいた、・・・もう載ったのが信じられないくらい趣味全開の戦国マンガです。

主人公は、まだ日吉丸だった頃の豊臣秀吉。サブ主人公に、まだ家を継いだか継いでないか・・・くらいの頃の織田信長。
ふたりが、京の都を牛耳る悪党・鬼蜘蛛弾正(架空の人物)を相手に立ち回る、歴史書には載っていないけどこんな話があったら面白いかなぁ・・・という創作先行型の時代劇です。

私は昔から歴史好きで、いつかちゃんとした戦国マンガは描きたいのですけど、淡々と事象を並べて追っていくよりは、史実の隙間を縫いながら、史実を曲げずむしろ事実の裏付けになるくらいのウソ(創作)をねじ込んでいくような物語を描きたいです。
しっかりした編年体の、勉強になるような作品は他にもたくさんありますし、それは読者として楽しませてもらっています。
でも、私のようにとっちらかった人間にはあれは無理だ(笑)。

2010年2月 『CRAZY MONKEYS』(小学館「クラブサンデー」2010年2/9~4/26)